転職活動中の早退は勤怠にどのように入力する?

転職活動を行なっていく上で、仮に働きながら進めていく場合かなり時間が限られた状況になることが多いです。例えば平日の仕事終わりだったり、土日に面接をしてくれるところについてはおやすみを利用して進める人も多いです。転職エージェントを利用すれば多少は現職の勤務に合わせてスケジュールを組むことも可能ですが、大抵はスケジュールが合わないことに悩む人が多いです。やはり多くの企業は平日に面接を行い、土日は休みであることが大半ですので平日に早退したい、と思う人がたくさんいます。仕事の終わりが17時ぐらいの人は受けることができても、大抵の人は19時以降が多いのでなかなか思うように進みません。そういった場合、思い切って夕方に早退をしてみましょう。理由は病院、お見舞い、家族の都合などなんでも大丈夫ですが後から周りに心配されない内容にしておきましょう。もし、平日に数日早退しなければならない場合は少し長引きそうな用事にしておくといいです。この時勤怠上は、上司に報告した内容としっかり合わせておきましょう。間違っても嘘というのがバレるようではいけません。勤怠の届け出が上長だけでなくさらに上の職位の人に回る場合や、人事部にもまわるような場合は更に注意しておきましょう。また、早退の入力は当然ながら事後にしましょう。とても分かりやすいミスとして、事前申請が必要な会社の場合間違って先に早退申請をあげてしまった、という人もいますが事前にそれが分かっているのはおかしいので気をつけてください。とはいえ急に早退をするのは少なからず職場の人に迷惑がかかってしまいますので、出来るだけそのようなことが起こらないようにスケジューリングするのが一番です。