医療事務は経験者の方が転職しやすい?

女性を中心に、転職する先として医療事務の仕事を目指す方が増えています。いつでもどこでも必要とされる仕事であり転職しやすいと思われることや、人を助けるやりがいのある仕事であることがその理由でしょう。しかし、レセプトの処理など専門知識も必要なため、経験者が望まれることもあります。どういった人が有利になるのか、未経験者が医療事務の仕事に転職するにはどういったことをすればいいのかなどについて考えていきましょう。

医療事務は経験者が有利?

どのような仕事でも、転職という形で採用する場合は同じような仕事の経験者が有利になることが多いです。なぜなら、それまでの経験を生かして働くことができるため、即戦力として期待ができるためです。
未経験者を雇用したうえで教育訓練を行い、一人前にしていくには時間と費用が掛かります。その点、これまで同じような仕事をやってきた人であれば基本的なことはわかっているはずなので、一から教育を行う必要がありません。その分仕事ですぐに活躍してもらえるため、経験者を雇用した場合のメリットが大きくなるのです。
こうした傾向は専門的な仕事であればあるほど高まります。誰がやっても同じような仕事であれば未経験でもよいでしょうが、やはり知識や技術が必要になるという事になれば、経験がある人の方が活躍しやすくなります。医療事務もレセプトの処理など専門的な知識が必要になるため、それを身に着けていることは必須という事が言えます。そういった点で病院が経験者を求めるというケースは多いでしょう。
しかし、未経験だから仕事につけないという事はありません。病院によっては未経験でも採用することが多いです。必要な知識を身に着けていれば未経験者でも医療事務の仕事への転職は可能でしょう。

医療事務にブランクがあっても転職に不利にならない?

経験者が優遇されやすいという事はもちろんなのですが、単に経験があればよいというわけではないということが難しい点です。経験があっても、その経験が古いものであると、最新の業務の形に対応できないということがあるので、採用に不利になったり、働き始めてから困難さを感じたりということが起きがちです。
特に医療の分野は技術の革新が目立つ分野です。新しい治療や薬が次々開発されます。そのため、医療事務の処理の形も大きく変わっていきます。昔の経験があっても今は使えない経験となっているという事も珍しくないのです。ブランクがある場合は、最新の情報に対応できるように、自分なりに知識をブラッシュアップしていくということが重要になっていくでしょう。

キャリアアップ目的で医療事務に転職するときの注意点

医療事務は人の命を守るというやりがいのある仕事です。さらに、医療自体がなくなるという事は考えにくいので、将来的にも安定していると言えるでしょう。そういったことから、キャリアアップを目的として医療事務の仕事を経験するため転職しようという方もいるはずです。
しかし、医療事務は通常の事務とはまた異なる形の仕事内容が多いです。通常の企業の事務に活かしたいからと医療事務を経験するのは遠回りと言えるでしょう。安易に多くの事務の形を経験してみたいからと医療事務の仕事に転職するという事は避けたほうが良いかもしれません。
また、上を目指したいという意識がある方にも実は医療事務はお勧めできません。あくまで医師や看護師の行う医療のサポートという形ですから、自分で何かを成し遂げる、というイメージの働き方とはちょっと異なったものとなってしまいます。与えられたことを正確にこなしミスがないようにするということが好きで得意な方なら長く勤めることができますが、そうでない場合は結局違う仕事にふたたび転職してしまい、ここでの経験が活かせないという事もあるのです。
この先どういった働き方をしたいのかという事を考えたうえで、医療事務の仕事がそれに適しているのかを考えましょう。まったく医療事務についての知識がない方は、まず資格取得のための勉強をしてみて、自分にこういった事務は適しているのかという事をチェックしてみるという事も必要になるでしょう。

医療事務のおすすめ転職サイト

医療事務の求人を探す方法は色々ありますが、中でもいつでも探すことができる方法に転職サイトがあります。しかし、多くの転職サイトがありますが、「ナースランク」というサイトは医療事務の求人を扱うサイトを独自の分析から比較してランキングしています。医療事務の転職には参考になると思います。
ナースランクで医療事務の転職情報を探す

未経験者で転職するにはまず資格を取ろう

未経験者でも転職できる病院もありますが、それでも病院に入ってから勉強するというのでは、日常の業務を滞らせてしまいます。病院は具合が悪い方や一刻を争う方も多くいます。そういった方への医療を、未経験だからと言って滞らせてはいけません。
そのため、働き始める前に基本的な知識は身に着けておくことが必要です。やるべきことの基本がわかっていれば、後は経験していく中で身に着けていけることも多いためです。そのため、未経験の場合まずは資格取得を目指して基本的な知識を身に着けていきましょう。資格取得のためのスクールから紹介を受けて転職するというケースもありますから、ぜひ直接仕事につながるものだという意識を持って真剣に勉強していきましょう。