異業種に転職を成功するには資格を!

彼女は大学卒業後、就職活動をほとんどしていなかったため、派遣会社に登録し、派遣社員として働いていました。
ある時、通信会社のコールセンターのオペレーターとして派遣された派遣先の会社にそのまま契約社員として転職しました。
しかし、ある時、そのコールセンターが事業縮小のために閉鎖されることになりました。彼女は、その知らせを受け、自分自身に何も突出して履歴書に書ける資格がないということに気が付きました。
それから彼女はありとあらゆる資格に目を向けて、自分が取得できそうな資格を次から次へと取っていくことにしました。
まず手始めにファイナンシャルプランナーの資格を取りました。その後、簿記検定、それから、パソコン技能検定、ビジネスマナー検定など、とにかく必死になって検定を受けるための勉強を始めました。
すると、ある時知った社会保険労務士の資格が、大学を卒業していれば受験できることを知り、受験することにしました。
そうして彼女は、社会保険労務士事務所でアシスタントのバイトをしながら勉強を続け見事、社会保険労務士試験に合格しました。
何も専門職として知識もなく、正社員として就職もしていなかった彼女は、資格取得により見事異業種への転職を成し遂げました。
彼女の見習うべき点としては、自分に何もスキルがないと気づき、色々な資格に目を向けて、自分にどんどん付加価値を付けていったところでしょう。
確かに実務経験は浅いかもしれませんが、資格の勉強をしてその資格を取れば、履歴書にそのことを書くことができるし、何より、ほかの人が持ちえない知識を習得することができます。
このように、資格の勉強から始めて異業種に転職を成功させる人もいます。

☆資格があれば採用されやすい業界の情報をチェック
WEBデザイナーの求人情報を探して転職する